京都市中京区(嵐山 四条大宮 壬生寺) 串揚げ・串かつ 串ひら尾

京都 嵐山 四条大宮で評判・人気の串揚げ・串カツ 串ひら尾

新撰組の武鍛錬場があった寺。表門を入って右側にある壬生塚
には近藤勇の胸像や遺髪塔、八木邸で粛正された芹沢鴨らの墓、
隊士たちの墓が並び、訪れるファンが後を絶たない。春と秋に
催される壬生狂言でも知られる
画像
画像 浪士組として上洛した近藤勇や芹沢鴨らが宿舎とした屋敷。
後に新撰組の屯所となった。芹沢鴨が暗殺された場所でもあり、
生々しく残る刀傷が襲撃のすざまじさを物語る。門前には隊士が
愛飲していた井戸水が湧く。
新撰組隊士の増加に伴い、八木邸が手狭になったため分宿した屯所跡。
結成以来副長を務めた山南敬助が脱走の罪で切腹した八畳間や倒幕派
の志士が拷問された土蔵などが当時のまま残る。現在は私有地のため
非公開。
画像
画像 知恩院の末寺となる浄土宗の寺。新撰組が活躍した時代の
住職は、新撰組副長山南敬助と親交が深く、その縁で粛正
の嵐に巻き込まれて屯所で切腹した隊士を数多く弔った。
境内には山南をはじめ、隊士らの墓が残る